せどり転売先に迷った!商品の出品先はしっかり選びましょう。

スポンサードリンク

やはりせどりをやる上で転売先の選択は重要です。

仕入れたはいいが、相応しくない出品先で販売してしまうと、赤字になる可能性が高くなります!

じゃあ仕入れた商品を一番高く売れる場所はどこなのか?

この記事でよく見ていきましょう!

 

第一章 Amazonやヤフオク!最近は仕入れでも活躍するメルカリも!

https://gyazo.com/b688c2d748bcabeef6fd370f4b74d904
メルカリ公式より引用

 

皆さんがせどりをする中で、メイン出品先はどこでしょうか?

Amazon?ヤフオク?それとも、メルカリでしょうか?

私は基本的に「Amazon」一本に絞っています。

 

 

とは言えども、最近はよくメルカリでも販売しています。

ヤフオクはあまり好まなくて、出品してはいますが少しだけですね。

メルカリの手軽さ、最近の急成長にはかなり驚かされています。

 

 

やはりスマホ1つで完結し、価格交渉も気軽にできるのがウケたのでしょうね。

何でもないものから、とんでもないお宝まで販売されています。

最近では「メルカリ無在庫販売」という副業販売も横行しています。

 

仕組みとしては、Amazonで人気のありそうな商品に500円~1000円程の利益を乗っけて販売。

注文が入ったら、Amazonから客先へ直送という流れですね。

メルカリ規約的によろしくないので、私は手を出しません。

 

あくまで私は、せどりで仕入れた。もしくは、家の不用品を販売する場所です。

 

第二章 商品によって転売先を分けよう!儲けるには適切な出品先を!

 

基本はやはりAmazonで出品する事をおすすめします。

何と言っても、集客力・価格力においてはピカイチです。

これには到底勝てません。

 

しかし、中にはJANコードがない商品でAmazonで販売されてないもの。

昔取ったクレーンゲームのぬいぐるみの景品など。

こういった商品は「メルカリ」や「ヤフオク」で売る方がいいでしょう。

 

まとめ売り、在庫処分、セット売り。

こういた感じでまとめて1,000円でホコリを被っていたぬいぐるみも売れたりします。

「ジャンク品」「部品取り用」

こんな感じでも、使えなくなったカメラや、オーディオ製品は販売できます。

 

 

世の中広いので、出せば案外値段が付く事があります。

それがAmazonでできるかと言うと、ヤフオクやメルカリのように工夫して出品できません。

私は家の不用品を処分するときはヤフオクやメルカリを使います。

 

間違っても、リサイクルショップへは最後の手段で持っていきます。

タダ同然の価格でしか引き取ってくれませんから。

 

 

私が売ってきたものは、メルカリではよくアーティストグッズを販売します。

特によく売れるのは「ラバーバンド」です。

こういうものです。

これはよくライブに行く故、購入する機会がとても多いのですが。

基本的にアーティストの公式グッズショップでも買えます。

予約して、ライブツアーが始まれば基本500円⇒1,000円超える事もしばしば。

 

人気なアーティストになれば2,000円付近もありえますね。

メルカリではラバーバンドが結構おすすめです。

 

難点は「値ご」⇒値引き交渉の略

これが当たり前です。「いくら安くなりませんか?」少し高めに設定しないと相場より安くなることもあります。

値ごには気をつけましょう!

 

第三章 やはり何と言っても、Amazonマーケットプレイスが一番!

 

 

何と言っても、やはりAmazonでの出品がおすすめです。

商品によっては出品先を変えると言いましたが、基本的にはAmazonで出品していきましょう。

 

理由としては、

①AmazonのFBAで面倒な発送サービスをしてもらえる。

②訪問する人が多いほど販売する機会が増えるから。

 

まとめると・・・

【Amazonはユーザー数が大変多く、面倒な発送サービスを代行してくれるから】です。

せどりをやってると分かりますが、発送が結構面倒ですよね?

 

 

全てが小さい商品ではないし、「これどうやって梱包しよう・・・」って悩む事もしばしば。

そんな悩みもAmazonのFBAならば、全て梱包から出荷まで請け負ってくれます。

自分はAmazonの倉庫に商品をダンボールにこめて送るだけで済みます。

 

本当に楽ちんですね。

これがやはり他のショップにはない大きな魅力です。

だからこそ、時間効率よく「せどり仕入れ~販売~入金まで」をこなせるAmazonを推すのです。

 

 

第四章 Amazonでは海外輸出も可能!

 

あなたがもし、せどりを進めていく上で「輸出」に興味を持たれた時。

Amazonであれば、仕入れも出品も可能です。

 

Amazonのネットワークが世界14か国に広がっており、

実質取引できるのが9か国くらいです。

 

欧米

カナダ

アメリカ

 

・競合が非常に多い

・輸入出の規制が比較的に緩い

・転送業者が他の地域に比べ多い

 

中南米・オーストラリア

ブラジル

メキシコ

オーストラリア

※現在は売買不可?取り扱いが電子書籍やアプリのみらしい。

 

中国

中国

 

※注意※

いわゆる品質の問題、検品と偽物チェックは必須らしい・・・

 

インド

インド

※現地にキーマンが必要。まだ新しく整っていないとの事

 

欧州

イギリス

ドイツ

フランス

イタリア

スペイン

オランダ

 

比較的にハードルが高い。

VATと呼ばれる付加価値税、並行輸入の規制が厳しいらしい・・・

 

まとめ

 

最終的に話が輸入出まで発展しましたが、実際出品先選びは重要ですね。

仕入れた商品がAmazonで売れているのか?

ヤフオクやメルカリでいい値で売れているのか?

 

必ずチェックしてから出品しましょう。

第三章でも言った通り、Amazonで出品することをメインにしていくことで、あなたの手間・時間が短縮軽減されます。

それだけFBAと呼ばれるサービスは魅力的ですね。

そこがAmazonせどりが大人気な訳ですからね。利用しない手はありません。

 

 

少しでも手間を省いて仕入れの時間に費やしましょう!

 

アマゾンせどりは新規参入者でもまだまだ稼げます!

これからもどんどん楽天やアマゾンのお得情報を流していきますね〜♪

それではまた!

スポンサードリンク

良かったらシェアお願いします!^^

お金に悩まず生きていく

お金を稼ぎたい一心で始めた「せどり」
初心者が1ヶ月で50万を売り上げた方法とは?
副業で稼ぐ「具体的なやり方」を紹介します

せどり教材「Amazon Sedori Starter」

(無料せどり教材完成!)せどり初心者のために
ノウハウを詰め込みました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

営業サラリーマン。2016年冬頃からせどり屋ブログ活動開始。 2015年冬にせどりに出会い、悪戦苦闘しながらも、2017年に月商50万円達成!「いつの日か、会社に縛られずせどりで独立したい!」と日々奮闘中。